ニュース一覧

実りある時間のために

授業

英語教育の問題点

現在の義務教育、高校での英語の教育というのは、「読む」、「書く」という事に特化しており、「聞く」、「話す」ということに対しては弱いです。この教育では、せっかくたくさんの時間を使って英語を習っているのに、コミュニケーションを取る経験が少なく、英語でコミュニケーションが取れないという事が多々起こっています。この問題を解決するため、英会話学校へ通っている社会人は増えています。また、最近では子ども向けの英会話学校も増えています。英会話学校では、基本的に「書く」という事が少ないです。また、「読む」にしても声に出して読むので、「話す」に近いものになります。英会話学校では、英語でのコミュニケーションが取れるようにと入会する人が多いですが、だんだんと英語で話すことが楽しくなり、趣味として継続する人も多いです。しかしながら、英語でコミュニケーションがとれるまでに挫折して、退会してしまう人もいるのも事実です。では、どうすれば挫折せずにコミュニケーションが取れるまで上達するかというと、いくつかポイントがあります。まず1つ目のポイントは、高校程度の文法力はつけましょうという事です。文法が理解できていないと話したい事も表現できません。そして、2つ目のポイントは、ひたすら話す練習をしましょうという事です。文法が理解できていても、いきなりスラスラと英語はでてきません。最初は単語のみの発言になると思います。また、失敗を恐れずに発言をいっぱいして、練習をしていくと、自然と徐々に文として英語がでてくるようになります。その練習場として、英会話学校を活用するとフォーカスすると、非常に実りある時間になります。